枝豆(おつな姫)とブロッコリーの定植作業

暖かかったものの風の強い一日でした。

今日は枝豆(おつな姫)1回目とブロッコリー(ピクセル)3回目の定植作業をやりました。
なかなか畑が乾かず機械が入れない状況が続きましたが、今日は定植機での作業です。
前回使った際に、植穴に水を供給する部分に不具合が出たので水回りのパッキンを交換したり、タイヤの空気を入れたりのメンテナンスをしてからの出動でした。
まずは枝豆の定植です。植えるのは、ウチの枝豆の中では2番目に収穫する「おつな姫」。
なかなか植えられなかったため苗もかなり伸びている上に強風で午前中の作業はあまりはかどりませんでしたが無事に終了。
「おつな姫」は極早生種のなかでも味の評価が高い品種です。ウチは一昨年まで「おつな姫」のシーズンには地元の固有種「極早生茶豆」を栽培していたのですが、種どりに失敗してしまったため昨年は栽培できず代替えの品種として「おつな姫」を栽培したところ非常に評価が高かったので今年も栽培することにしました。概ね7月頭から10日間ほど出荷の予定です。

枝豆の後はブロッコリーの定植作業です。先日大慌てで立てた畦に植えました。
夕方には風も弱くなり作業もスムースに進みました。
明日も日中は晴れるようなので、最後のブロッコリーを続けて植える予定です。

昨日書いた肥料の問題続報です。
今日の新潟日報に記事が出ていました。
今のところ成分分析の結果などは出ていませんが、有機栽培で米を作られている農家さんはこの一件で有機栽培をうたえなくなる可能性が高いらしく非常に困っているようです。
こうした農家さんに比べるとウチの場合は有害成分が検出されない限りは問題ないので、まだダメージは少ないです。

まずは日々の予定をしっかりとやるしかありません。
明日の夜にはまた雨の予報です。
テルテル坊主でも作ろうかな。

ではまた。
スポンサーサイト

肥料に関する心配なニュース

またもや朝から雨が降った新潟です。

今年は本当に晴れが続かず困っています。


昨日は予定を変更して朝からブロッコリーと枝豆の畦立てを一気にやりました。

雨が降る前に終わらせないと作付けの予定がさらに遅れてしまうので「今日はなんとしても終わらせる!」と早朝から肥料まき、トラクターでの耕耘、マルチャーでの畦立て、畦間の土上げとガンガン作業しました。

とにかく翌日が雨の予報なので、お昼抜きでの作業です。

終わるころには真っ暗になりましたが無事に作業終了しました。


今朝起きると予報よりも早く既に雨が降っていました。

マルチャーと管理機を畑に放置していたので回収しにいきます。

 
昨日作業した畦は多少歪みもありましたが、とりあえず形にはなっているので一安心。


雨はどんどん強くなってきていたので、小屋で枝豆の種まきです。

いよいよ今日から「くろさき茶豆」の種まきスタート!




今年の種は例年より少し小粒かな?1リットル入りの袋なんですが、いつもより種の数が多いみたい。


種まきを終えて、午後はお休みです。


実はここからが本題。


昨日から気になるニュースがあります。

新潟の有機肥料メーカー「ニイガタオーレス」が、自社で製造している有機肥料の原料に汚泥を使用して生産・販売していることが確認され、その肥料の回収と農家に対する利用中止を勧告したというものです。農水省のWEBにもバッチリ出ています。

問題となっている肥料「ワールドエース」は、鶏ふんやカニ殻、魚粕、豆粕などをブレンドして発酵させた有機質ぼかし肥料です。

一昨年から少しずつ使い始めたのですが、根の張りが良くなりしっかりと成長する効果が感じられるので、早生系の枝豆の元肥に使っていました。今年も既に早生豆の前半分には施肥済みです。

今のところ汚泥の影響などは分析中という事で分かっていませんが、良いものだと思っていただけにかなりショックです。

今後どうなるのか、引き続き情報をチェックするしかありません。

それと、代替え肥料をどうするかも早急に検討しなくてはならなくなりました。

Twitterを見たら、以下のようなツイートがありました。20170415_01.jpg

何これ。

なんですぐに「ベクレル」とか「#fukushima」とか書くかね(怒

#ngfoodとかいうハッシュタグも見てみると、トンデモな情報ばかり


まずは正確な情報が判明次第、ウチの施肥分についてはご報告します。

アホなフェイク情報とは(自衛権として)徹底的に戦います。


ではまた。


まさかのみぞれ

毎日寒い新潟です。

ようやく雨も上がったし、午前中は雨の予報だけど雨雲レーダーを見る限りこっちは雨が降らなそうだ。今日はガンガン枝豆を植えるぞーと朝から出かけたのですが、畑についてみると西の空が真っ黒です。
20170413_01.jpeg 
うわっ!来ないでくれーと思いながらも、風もどんどん冷たく強くなるので一旦家に戻りました。
ハウスでトマト苗の鉢上げ作業をやっていると雨が降り始めてどんどん強くなっていきます。
そのうちすごい音でバラバラとみぞれが降り始めました。
20170413_02.jpeg 
ハウスの内側からみると、かなりの量の氷の粒が!
軽トラックに枝豆の苗を積みっぱなしでしたのでハラハラしましたが今さら苗を片付けることもできません。
とにかく早く止んでくれー!と祈りつつハウスでの作業をやっていました。
30分ほどであられは止んで陽が出てきました。

結局、今日の枝豆植えは午後からのスタートです。
20170413_03.jpeg 
午前中の真っ黒な空が嘘のような青い空です。でも結構風が強くて寒い!
イマイチ畑が乾いていないので今回も「なかよしくん」での手作業です。
予定の半分しか植えられませんでした。
残りは明日朝、畑の乾き具合を確認した上で定植機で植える予定です。

桜もかなり咲いたのに、まさかのみぞれで大幅に予定が狂っちゃいましたが、明日からしばらく雨は降らなそうなのでガンガン作業進めていくつもりです。

ではまた。

流行りの健康法を疑う

冷たい風が一日中吹いて寒い一日でした。

明け方まで降った雨の影響で畑作業はできない状態だったので、とりあえず枝豆(湯あがり娘)の種まき。

午後からは枝豆(初だるま)の植え付け作業へと出かけましたが、風が強く気温も低かったので1畦植えたところで撤収。明日ガッツリ植えることにしました。


話は突然変わりますが、最近「グルテンフリー」という言葉をよく聞きます。

Googleで検索すると、「テニスのジョコビッチがグルテンフリーで体質が変わった」とか、「数々の体調不良はすべて小麦粉が元凶かも」とか美肌だダイエットだと出るわ出るわ…。

そもそもグルテンは小麦や大麦、ライ麦などの穀物から生成されるタンパク質の一種だそうで、パンやパスタなどの小麦麺類、ケーキやクッキーなどに含まれています。

そもそも血糖値の高い人などは小麦類やご飯類の過剰な接種は控えなくてはならないのですが、「グルテンフリー」推奨者は、小麦を食べるとインスリンが過剰に分泌されるため、脂肪を溜め込み太りやすくなったりシミやシワの原因になるという理屈を言っています。


そこですごく疑問に思うのは、世界中の結構な割合で「パン」を主食にしている人々がいますが、その人たちは全員不健康なの?ということです。

確かに、日本人と比べて(パン食の)欧米人はドドーンとした体型の方が多いよなぁとは思いますが、それってパンだけが原因じゃないでしょ?と言いたいです。


しかも、食卓の支出でパンが米を上回ったというニュースもありますが、それでも日本人は米食中心の生活なわけですし欧米人とは事情が違うんじゃないの?とも思う訳です。

(私の知人でほぼ毎日ランチにラーメンを食べている輩がいますが、そんな人はレアです)


「なんちゃら健康法」とか「ほにゃららダイエット」とか毎年のようになんらかの食材や運動がブームになりますが、そればっかりで健康になったり美しく痩せたりすることは絶対にないですよね?

だって、本当に効果があるのだったら一過性のブームでは終わらず、保健師さんとか栄養士さんが積極的に皆さんにオススメするはずでしょ?


やっぱり、鮮度の良い食材をバランスよく適量採ることに勝る健康法は無いですよね。それとストレスをためないこと、ぐっすり眠る事、適度に体を動かすこと。そんな生活をしていれば、時折食べるラーメンとかケーキだってぜーんぜん問題ないはずです。



どうも極端なハナシが多くてイヤになっちゃいます。


野菜を作る農家の立場でいうと、葉物野菜(特にホウレンソウ)で言われる「硝酸態窒素」のこととか、福島県の農産物の風評とか、農薬や化学肥料のこととか…

WEBが発達した今なら、ちょっと調べれば(根拠の無いひどい情報が上位表示されることが多いですが)本当のトコロが分かるはずです。


で、「グルテンフリー」ですが、医学的根拠はまったくないそうです。やれやれ。


このところの雨であまり作業が進まず作業内容も単調なので、本業ネタが少なくてすいません。


ではまた。


「1984」か?

午後から冷たい雨が降っています。
午前中になんとか枝豆の畦立てを終わらせて、午後からはちょっとゆっくり休みました。


今日は朝から、フィギュアスケートの浅田真央さんが引退というニュースが流れています。

どの局もトップニュースで、昼のワイドショーも、夕方のニュースも、夜のニュースもぜーんぶ浅田真央さんの事ばかりです。

ちょっと前は、森友学園の籠池理事長と安倍昭恵さんのこと、その前は豊洲市場への移転・・・

どの時間帯のニュースでも同じ事ばかりでした。


あたかも国民全員の興味関心がその一点に集中しているがごとく、一色に染まるテレビを見ていると「もっと重要なニュースがあるのに、どうしてそっちには時間を割かないんだろう?」という気分になります。昔のテレビはもっと多様な話題を取り上げていたような気がします。

以前どこかのWEB記事で読んだのですが、テレビは(民放は特に)視聴率至上主義が強くなりすぎてしまったことと、長引く景気の低迷による広告収入の減少によって独自の話題を取り上げにくくなっているらしいのです。

他局と同じ「ちょっと話題になっているネタ」を取り上げておけばとりあえず視聴率は確保できるとテレビ制作者が考えているんじゃないでしょうか?

それが視聴者の本当のニーズなんですかね?

そんなことしているから、若い人たちはどんどんテレビを見なくなっているんじゃないですかね?


それよりも危惧しているのは、我々が本当に知るべきこと、気に留めるべきことがテレビでほとんど取り上げられないことで、我々の知らないところで重要な事柄が静かに進んでいくという時代になっているんじゃないか?ということです。

例えば、農業関連だと「主要農作物種子法」が農業競争力強化支援法案の一環で廃止される方向に向かっていることは一般ニュースでは一切触れられません。

この法律が廃止されると、これまで保護されていた「米・麦・大豆」種子の品種開発に民間企業が参入できることになります。一見このことはメリットがありそうに感じますが、海外の遺伝子組み換え種子などが日本に入ってくる可能性や、海外種苗メーカーが種子の特許を盾に似たような日本の既存種を特許侵害で訴えたりする危険性をはらんでいます。

あらゆる分野で似たようなケースは山ほどあるんじゃないでしょうか?


まさにオーウェルが書いた「1984」さながらの情報統制が行われているんじゃないか?とすら感じます。


しかも「1984」よりタチが悪いのが、インターネットの発達によって極端な意見が瞬く間に広がってしまうことです。特定の民族や主義の方を貶めるような発言や根拠の無いデマなどもSNSであっという間にシェアされてしまいます。

その中で最もタチの悪いのが「ある程度社会で認められた人物が根拠の無い事を発信する」ことです。

少し前ですが、ご自身でも何冊か本を出され全国で講演会も開かれる著名な農業者が「日本の農産物は放射能に汚染されている云々」と発言されている記事を見て非常にショックを受けました。

その方は、信者も沢山いらっしゃるので、「放射能云々」は信者を介してどんどん広がっているのではないかと心配しています。僕もこの方を少し尊敬していたのですが、この一件で印象が変わりました。福島のがんばっている農家さんにとっては自分たちの存在を否定する悪の「ビッグブラザー」みたいなもんでしょうね。


こんな情報がグチャグチャの時代、我々はどうすればいいんだろう?


長くなってしまったので簡潔にまとめます。

僕はひとつのニュースに接したら複数のメディアを確認することや情報源・データを確認すること。裏取りができるまでは安易にシェアしないということは心がけているつもりです。


気が付かないうちに、自分自身が「ビッグブラザー」にならないよう、情報に対して受信も発信もバランスよくいたいものです。


農業ネタじゃないのに、だらだら書いちゃいました。「横丁のご隠居気質」なのでご容赦を。


ではまた。
プロフィール

いからし農園

Author:いからし農園
脱サラ就農して丸5年がたちました。新潟市黒埼地区特産の「くろさき茶豆」やブロッコリーなど様々な野菜を栽培し、WEBや地元の直売所で販売しています。

野菜のご注文はこちら↓
※現在ネット通販はお休みです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR